m-editの日記

加計学園問題を普通の女性として追及していきます。

支離滅裂の極みとなった加計問題

地元自治体のストーリーが崩壊した加計問題 5月21日に愛媛県が公開した文書に、加計理事長と安倍首相の2015年2月25日の面会についての記載があり、5月26日には加計学園が「こうした面会はなく、面会があったという報告を県や市に行ったのは誤情報の伝達だっ…

日大アメフト反則で感じたこと

日大DL選手が照らした闇 5月の連休明けから連日、報道されている「日大アメフト事件」。私自身、実家のすぐ近くに大阪産業大学付属高校があり、卒業生が日大のアメフト部員に4名在籍していることを知って、心配は増えていくばかりである。 日大DL(ディフェ…

愛媛県知事の中村氏が喚問に応じるなら

国会で中村知事に質問したいこと 加計学園や今治市、愛媛県が官邸を訪問する予定であることを、2015年4月2日当日に内閣府が文部科学省に知らせたメールが公開された。これで「首相案件文書」はさらに信憑性が高まり、柳瀬氏の「記憶にある限り、会ったことは…

柳瀬審議官の反論を検証する

根拠が薄い柳瀬氏の反論 2015年4月2日の首相官邸における面談の内容について、愛媛県職員が作成した備忘録は、「首相案件文書」と呼ばれているとおり、当時首相秘書官だった柳瀬氏の発言が注目されている。柳瀬氏は、10日にコメントを発表した。以下が全文で…

首相案件文書の読みどころ

愛媛県職員が2015年4月2日の官邸訪問結果を記録した「首相案件」文書が、農水省からも「発見」された。こちらは現物のペーパーがあり、斎藤農水大臣が記者会見で配布し、一部報道機関が公開している。アエラドットに全文があるので参照されたい。 dot.asahi.…

2015年4月2日の会合が示す違法性とは

国家戦略特区基本方針に違反の疑い 「記憶にない」という柳瀬秘書官の言い分は、愛媛県にあった備忘録だけでなく、読売新聞がスクープした別の出席者の発言によっても信頼性が薄まってきた。 安倍首相の「部下を信じる」という発言も、その信じる内容が「記…

「会っていない」と強弁する不思議

4月10日、加計問題にエポックメーキングなニュースが流れた。 2015年4月2日に首相官邸で柳瀬秘書官と愛媛県、今治市、加計学園の関係者が面会したときの記録文書が報道されたのだ。 愛媛県知事の動きはスピーディだった。夕方のニュースで確認し、夜のうちに…

明日は「文藝春秋5月号」を買いに走れ!

佐川証言はやはり虚偽 国会で太田充理財局長が「ゴミを撤去するトラックの台数について」理財局が森友学園に口裏合わせを依頼していたことを事実として認めた。また、昨日も記したように、2017年2月22日の菅官房長官との会合に、佐川理財局長ばかりか現理財…

前と現理財局長は2人とも官邸と協議していた

2016年2月22日に菅官房長官との打ち合わせがあった NHKのクローズアップ現代「森友文書」に続いて、理財局から森友学園へのゴミ撤去分の口裏合わせの依頼や国会答弁前の官邸との打ち合わせが明らかになりつつある。3月27日の佐川氏証人喚問以降、森友のニュ…

下関市教育委員会の残念な判断

前川喜平さんが精力的に講演活動に取り組んでいる。穏やかで飄々と自然体を貫く前川さんだが、内心の気骨、燃え上がる怒りは相当に烈しいものがあるようだ。 4月の講演も関西だけでもこれから3か所で予定されている(私が知っている範囲)が、中国・九州でも…

前川さんの魅力

佐川さんにまっとうな証言を期待してはいたものの、心の底では、「なかなかそれは難しい」とわかってはいた。国民を裏切らない生き方を今から選んだとしても、肩書や地位や過去のキャリアをすべて失くしてなお、魅力のある人間であることは稀なことかもしれ…

3/27国会での佐川証言は矛盾に満ちていた

複数の矛盾点が指摘されている 公務員としての倫理観に欠ける佐川証人の姿勢はあきれるばかりだったが、元外務官僚の佐藤優氏は、ラジオで「佐川さんは合理的に行動しています。官邸を守り、財務省を守ることで自分を守るという。自分のことしか考えていない…

真相解明に背を向ける麻生大臣を許しません

証言拒否にお墨付きを与える麻生発言 佐川氏の国会での証言は真相に近づくものとはいえず、改ざん文書の提出で愚弄した国会を、再び愚弄するものだった。国権の最高機関に対してのこの行為、私たち国民は絶対にこれを許してはならないと思う。国会議員は野党…

落胆した 佐川さんの証言

混乱や信頼を揺るがしたと、軽く解釈されては困る 財務省の前理財局長・佐川宣寿氏の証人喚問が決まってから、毎朝、ニュースをチェックするのが怖かった。ご無事でおられるか、心配だったのだ。だから、今朝は、しっかりとした足取りで国会に入った姿を見て…

文科省のリークが発端だった「前川さん授業不当介入問題」

YouTubeで日本の官僚機構についての討論番組を見ていたら、パネラーの寺脇研さんが「誰も言わないけど」と、「前川さん授業への不当介入が報道された発端は、文科省のリークでしょう」と発言していた。 確かに、今回の問題が発覚した経緯について見逃してい…

前川さん授業への不当介入に抗議して

問合せを指示した赤池議員の「根拠」をただす 3月20日になって、文部科学省に前川さん授業について調べるよう「進言」した国会議員が明らかになった。 池田佳隆衆院議員と赤池誠章参院議員である。文科省に直接、問合せをしたのは赤池議員らしく、そのあたり…

教育への不当介入 追加質問への回答(全文)

すぐに追加の回答があった。この回答に加えて、保護者への呼びかけ文や配布したチラシなども添付されているが、そちらは割愛する。冷静に根気強く回答していることに敬服する。

教育への不当介入 文科省のメール(二通目)全文

3月5日に届いた回答に対して、文部科学省は性懲りもなく3月6日に追加質問を発している。回答についての質問が加わり、分量も多い。執拗で卑劣な文面である。

教育への不当介入 回答文全文紹介

3月1日に文科省から15項目にも及ぶ問合せがあり、回答期限は5日と設定されていた。名古屋市教育委員会および学校長は文部科学省に回答している。詳細に、具体的にという注文があったので、かなり長文だ。

教育への不当介入 文科省のメール(一通目)全文

前川さん授業への不当な介入について、文科省の執拗で威圧的なメールと名古屋市教育委員会および当該校長の誠実かつ断固とした回答をぜひ、紹介したい。民進党が野党ヒヤリングを載せているページで公開したものを転載しました。

教育への不当な介入に、前川喜平氏がコメント

文部科学省が前川喜平氏の授業を実施した名古屋市教育委員会に不当な圧力をかけた件で、前川さん自身がコメントを発表した。以下に転載します。 ----------------------------------------- 2月16日に私が名古屋市八王子中学校で行った授業において、文部…

前川さん授業への介入は言論弾圧そのもの、法的根拠なし

昨日、報道され始めた「前川喜平氏による総合の授業に対しての文部科学省への不当介入」について、かなり全容がわかってきた。まさに教育への不当介入であり、言論弾圧といってもいいほどだ。 早速、野党が合同で文部科学省に対してヒヤリングを行っているの…

前川喜平さんの授業に文科省が不当介入

NHKが文部科学省による公立中学の授業に対する不当介入があったことを報じている。 個別の授業内容への介入であること、前文部官僚の授業であること、また、介入の文面に前川さんへの人格攻撃とも受け取れる内容が記されていることなど、言語道断といえる。…

森友文書改ざんを許しません②

財務省理財局の異常性~財務省が学校を支援する不可解 大学職員の経験があり、決裁文書の作成にも携わって(悩まされて)いたことがあるので、今回、近畿財務局が作成した決裁文書を見ると、まず、作成者の労力につくづく感心する。テレビ番組で元財務官僚の…

森友文書改ざんを許しません①

文書には作文もある 朝日新聞のスクープから始まった森友文書の改ざん疑惑は、文書の姿については、ほぼ明らかになりつつある。情報番組などでも紹介されているが、まとまって一覧したいのなら、NHKがPDFにしているのでそちらをおススメします。 何人かの識…

難易度が高すぎる! 文書の開示請求手続き

近畿財務局の森友担当官が自殺したという報道がある。お悔み申し上げます。 その森友文書のねつ造に関連して、野党の財務省ヒヤリングなどをYouTubeで見ていると、ねつ造疑惑がそれ単独で問題なのではないと思えた。会計検査院による調査以来、財務省の文書…

森友文書改ざんは、可能性だけでも許せない

国民の疑問はどうでもよいのか 3月2日に朝日新聞が一面トップで「森友学園との決裁文書改ざん」の疑いを報じた。以降、国会でこの報道の真偽というか文書の改ざんがあったのかどうかについて財務省理財局への野党の追及が続いているが、そうした中で一部の識…

前川喜平さんの提起から広がる課題

学習権と憲法、沖縄と米軍基地 2月3日、加計学園獣医学部の開設を目前にした今治市において、前川喜平氏の講演会が開催され、1000人を超える聴衆が集まった。文部科学省を退職後、私が知っているだけでも10回以上の講演会に臨んできた前川さんだが、ビデオで…

加計問題はフェイクではなく、国家権力による不当な特権貸与だ

朝日新聞社の提訴を応援する 森友学園と加計学園への国家権力による不当・不正な優遇に対して、これを報じた新聞記事をフェイクニュース扱いする評論家・文化人が存在する。特にひどいのは、飛鳥新社が発行した「徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による…

「これからの日本、これからの教育」(前川喜平/寺脇研)を読んで

文部行政に通う、熱と知恵が伝わってくる 自分自身と学校教育との深い関わりを改めて思い起こした。 70年代初め、高校進学にあたり五木模擬テストの偏差値を見ながら受験校を決めていた姉の姿、論説文を読解するために読んだ「中教審答申」、80年代初め、国…